えでぃしず えでぃしず

コラム


Date | 2020-08-29

我が家のお盆事情

地域や宗派によっても内容や月に違いがありますが、備忘録も兼ね、私の実家のお盆についてをお伝えします。

実家のお盆(静岡県沼津市/臨済宗)は新盆(7月13日~16日まで)。新盆の地域のほうが少ないそうです。いつもは経机を出すのですが、今年は棚経がコロナの影響で行われないため、省略しました。(盆提灯も。母がだんだん年をとってきて面倒になってきたと)。以下は毎日の記録です。

7月13日

まず夕方迎え火を行う。ある程度火が燃え終わってきたところで家人が火をまたぐ。次男にやらせ、「おじいちゃんが肩にのって入ってくるからね」という母。それもなんか・・と思いつつ。

1日目のお供えものは、・しょうゆご飯・煮物・すまし汁・つけもの。昔は、お盆用の朱塗りのお膳があって、子供心に(ままごとみたいで、なんかかわいい)と思っていたが、家のリフォームをきっかけに処分してしまった。基本精進料理なので野菜だが、家では育ちざかりの子供もおり、それだけと言ってられず普通に肉なども食べる・・・。(残りの日も同)

7月14日

2日目、そうめん。育ち盛りの男子たちには、「えー、、夕飯にそうめん~!?」と不評。

7月15日

赤飯をまるめて、棒をさしたもの3つ。これは仏さんが帰るときにお弁当になるので、夜は下げないでと言われる。

7月16日

夕方送り火を行う。そして次の日の朝、町内で、お盆のごみ(?)収集がある。放送も流れる。

町内で朝あつめる、お盆用のもろもろ

家や時代によっても形を変えていっているものだが、最低限できることは受け継いでやっていこうかなと思っている。

以上我が家のお盆でした。。

〈宮坂雅代〉