えでぃしず えでぃしず

コラム


Date | 2020-01-16

こたつの悩み

気付けば小正月も過ぎてしまった。

年々月日の経過が早くなる。

これってわくわく不足かもしれない。

年末年始は、事情により初めてどこへも行かなかった。

(やっぱりわくわく不足)

その代わり、ずっと掃除をしていた。

紅白をラジオで聴きながら。

仕事場もようやく片付いた。

昨年のうちに「仕事場の冬支度」についてコラムで書くつもりだったが、とてもお披露目できる状態ではなく、こんなに遅くなってしまった。

冬場はこたつテーブルのお世話になっている。

こたつは室町時代に誕生した文化で、江戸の人々にも愛された。日本の冬の風物詩であるが、己との戦いの場でもある。

いつでも寝られる背の低い机タイプのこたつは、勝てる自信がない。なのであえてテーブルタイプをパソコンの作業場としている。

でも悩みがある。

腿が熱くなりすぎるのだ。熱源がすぐ上なので当然だが、腿だけ真っ赤になってしまう。危ない。

結果、すぐスイッチを切るので爪先は底冷えする。

やっぱり掘りごたつだよなーと、昭和生まれは思う。

それからもう一つ。極度に乾燥する。

ただえさえ不足している私の皮膚の水分を、いたずらに奪い去ってしまう。この冬は皮膚科へ行くほど全身の乾燥がひどい。

冷えに乾燥・・・。悩みに老いを感じずにはいられないが、これもデスクワークあるあるだろうか。

今年の目標は代謝アップ。いや、切実に。

巷ではホットヨガが流行っているようだが、ヨガは苦手なのでラジオ体操に勤しんでいる。

こんなわくわく不足で不健康な私ですが、

本年もよろしくお願いします。

(ライター 大楽眞衣子)